デリケートな部分のケアを

ウーマン 頭皮の乾燥は、フケ、かゆみ、抜け毛の原因です。脂っぽさもインナードライが原因かもしれません。顔用化粧水は、頭皮の保湿に使えます。ミストタイプの化粧水を、洗髪後に髪を乾かした後に使いマッサージしましょう。専用のスカルプケア用品も有効です。洗髪時に優しく洗い、ぬるま湯で流すだけでも乾燥は減らせます。

詳しく見る

きれいなストレートを作る

ブラシ デンマンブラシは、ストレートヘアを作るのに向いています。髪をとかしやすく、コツを掴めば様々な使い方もできます。ある程度乾いた髪に使えばきれいなストレートになり、ツヤを出したりクセも取れます。効果的に使うために、きちんと手入れをしましょう。年に1回殺菌消毒もしてください。

詳しく見る

潤いを与える

婦人 髪のパサつきには潤い成分を与えることが大事です。これまでのシャンプーとは違う商品を使ってみましょう。また、ヘアワックスやトリートメントなどのヘアケア商品を使ってみるのもいいかもしれません。様々な商品を試して、合うものを見つけ出しましょう。

詳しく見る

乾燥対策としてやってみる

手 頭皮も乾燥することがあるので、適度に潤いを与えることが大事です。そうしないと薄毛の原因になってしまうことがあるからです。例えば、化粧水を使ってみるというのも一つの手段と言えるでしょう。ただし、頭皮に合うものを見つけることがポイントです。

詳しく見る

毎日のブローを快適に

女性 いつも使うものだからこそ、髪の毛のへのダメージを抑え、素人でも簡単に綺麗にセットをしたい人には、デンマンブラシがお勧めです。耐久性も優れているため長く使用でき、価格もお手頃なのでコストパフォーマンスが非常にいいです。

詳しく見る

潤いを守るヘアケア方法

婦人

アイテムを上手に活用

髪にまつわる悩みのひとつが、空気の乾燥、紫外線、パーマやカラーリング、ドライヤーの使い過ぎなどが原因となって起こるパサつきです。髪のパサつきが進むと、見た目や手触りが悪くなるだけではなく、ヘアスタイルがまとまりづらくなったり、スタイリングをキープできなくなったりすることもあります。髪のパサつきを解消する方法として最も簡単なのが、毎日使用するシャンプーやコンディショナーを、しっとりタイプの商品に切り替えることです。アミノ酸系をはじめとしたマイルドな洗浄成分で作られている商品を選ぶことも、髪や頭皮に必要な潤いを守るための重要なポイントです。特にパサつきが酷い場合や、枝毛や切れ毛が発生している場合には、スペシャルケアとして週に数回程度のトリートメントをプラスすると更に効果的です。椿油などの植物性オイルを髪全体に塗布してキャップをかぶり、ゆったりと湯船に浸かりながらオイルパックを行うのも良い方法です。スタイリングの前には洗い流さないタイプのトリートメントやヘアミルクなどを使用して、ドライヤーやヘアアイロンの熱から髪を保護することも大切です。加齢やストレス、睡眠不足、栄養の偏り、過度な喫煙や飲酒なども、髪や頭皮の健康状態に大きな影響を及ぼすことが知られています。ニーズに合ったアロマオイルやサプリメントなどのアイテムを積極的に活用して、内面からのケアを心がけることも、綺麗な髪を育てる秘訣です。

Copyright© 2018 髪のパサつきをなくそう【ケアの方法を事前に確認】 All Rights Reserved.